Kindleストアの歩き方(2)Kindle本を購入する手順


前の記事:Kindleストアの歩き方(1)My Kindleでの設定準備

kindleストアの「My kindle」で事前準備が完了したら、早速kindle版の書籍を購入してみます。

1)kindleストアで欲しい本を検索する

Amazonのカテゴリから「kindleストア」にアクセスし、書籍を検索します。


現在はオープン直後とあって、紙の書籍から70%OFFされた本や、コミック1巻99円セールなど、お試し価格の本も多く売られています。


kindleストアカテゴリから検索した本はすべてKindleで読める本で、【kindle版】とついています。


また、kindleストアからでなくても、通常の本カテゴリから書籍を検索している場合、紙とkindle版との価格比較表が付いているものもありその「kindle」リンクから購入ページにジャンプすることも可能です。

最初からkindle版の中だけで探したいなら「kindleストア」直行ですが、あまり紙だの電子書籍だの意識していなくても、Amazonのどこからでも書籍検索した時に、比較表があると、「あ、これは電子書籍になっているのか。なら通勤中にちょっと買ってみようかな・・・・」とか思いつきで選択するのもアリかもしれませんね。

 

2)書籍を選び、1-clickで購入する

今回は、大好きなTEAM NACSの大泉洋さんが来年公開の三谷映画「清須会議」出演おめ!と言うことで(笑)、原作本をチョイス。一足先にスマホで読むことにしました。


欲しい本の詳細ページを開いたら、配信先を確認します。

すでにKindleを持っている(または予約している)人は初期値が「〇〇さんのKindle」になっているので、スマホやタブレットに配信したい場合は、リストから選択をします。


この時点でアプリをインストールしてアカウント登録していないと、リストには表示されてきません。書籍購入後にアプリを設定しても後でクラウドから同期すれば大丈夫ですが、できるだけ事前にアプリ設定をしておくと、ここで配信先を決められるので便利です。

あとは、「1-Clickで今すぐ買う」をクリックする。これだけです。簡単すぎて買いすぎ注意。

 

 3)アプリを起動して書籍を読む


「1-Clickで今すぐ買う」をクリックすると、書籍が自動的に配信されるので、kindleや読みたい端末(アプリ)を起動するだけですぐに、書籍を読むことができます。


端末のスペックや回線状況によってはダウンロードまでにタイムラグもあるので、急いでアプリを起動してもまだ届いてないこともあるので、待っても表示されない場合は、「クラウド」ページから同期をしてみると、ダウンロードが始まります。
(私のスマホがスペックがアレ・・なんでw、クラウドから同期してもなかなか入ってきませんでしたが、しばらく掘っておいたら、知らぬ間にありました。 あきらめないでw!!)

4)書籍購入時に端末が通信環境にない場合はライブラリに入る

例えば職場や外出先のパソコンから書籍を購入した時に、配信先に選んだkindleやkindleアプリ端末が通信環境にない場合は「kindleライブラリ」の「配信待ちアイテム」に入ります。

Kindle(またはKindleアプリ)の電源をオンにして、ワイヤレス機能が有効になると、自動的にダウンロードされます。

次は、kindleアプリの使い方です。

次の記事:Kindleストアの歩き方(3)Kindleアプリからの購入と読み方
前の記事:Kindleストアの歩き方(1)My Kindleでの設定準備


電子書籍リーダーズカフェ © 2018 All Rights Reserved

電子書籍リーダーの体験レビューや各種端末・書籍の情報をまとめた電子書籍総合サイト

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress