Kindleストアの歩き方(3)Kindleアプリからの購入と読み方


前の記事:Kindleストアの歩き方(2)Kindle本を購入する手順

あまりにもKindleストアで本を購入するのが簡単すぎて、この2日間で5冊も買ってしまった管理人・のぽりんです。こんばんわ。
外出時はSONYリーダーかkoboで読書中で、まだKindleアプリでは読書してないという本末転倒ぶりがハンパないです。

というわけで、そろそろアプリの使い方を覚えつつ読み進めようかと。

Kindleアプリの使い方

Kindleアプリを起動すると、初回には簡単な読書のヒントが表示されます。

その後は「ホーム」画面が表示され、最後に読んだ本やダウンロードした本が表示されるので、読み進めるには表紙をタップします。


「端末」ページを開くと、ダウンロード済みのすべての書籍一覧が見られます。
タイトル順や著者順に並び替えたり、表紙サムネイルのみに表示切替もできますが、自分でのフォルダ分けができないので、書籍が増えてくると探しづらくなるかもしれません。

(実際は一画面ずつで、見開きに表示されるわけではありません)
本を開くと、表紙に続いて本文が表示されます。
画面の両脇をタップするか、左右にスワイプするとページを行き来できます。


(実際は一画面ずつで、見開きに表示されるわけではありません)
コミックはスマートフォンだと細かいセリフなどがわかりにくいことも。もちろん拡大縮小も出来ますが、一ページずつやっているとストレスで軽く死ねます。
コミックを快適に読むのはやはり最低6~7インチ以上の画面は必要ですね。


フォントサイズや行間、背景色、画面の明るさなどはオプション設定で調整可能。

その他一連の動きは動画でどうぞ。

時々動きがおかしいとかレスポンスが悪いのは、アプリのせいじゃありません。
全部私のAndroid2.2が悪いのです・・・(-_-;)

Kindleアプリからの本の購入

「ストア」タブをタップすると、kindleストアの検索ページが表示されます。

ここではkindle版書籍のみの検索で、アプリからも購入することがができます。
通常のAmazonでの買い物はできません。


アプリからも「1-clickで今すぐ購入」ボタンをタップするだけ。簡単すぎます。
しばらくすると、ホーム画面に自動的に表示されます。
スペック低いスマホをお持ちの方(←主にワタシ)は寝て待ちましょう。いや、ちょっとお茶でもしてましょう。

これまでいろいろ電子書籍アプリを試してきましたが、正直本を読み進めるための動作は、どのアプリもほとんど変わりなく、あまり優劣もありませんでした。

でも、このkindleアプリは何がいいって、購入が簡単。一度ログインしておけば2回目以降は何のパスワード入力も要求されず、書籍購入時も「1-clickで今すぐ購入」をタップするだけ。ほっとくとむっちゃ買っちゃいそうで自分を抑えるのに精いっぱいです(すでに制御不能になりかけてますが、ソレハオイトイテ)

ただ外出時、人前であまりパスワードとか入力したくないんで便利といえば便利ですが、小さな子供などが無断でスマホをいじる場合、気が付いたら何冊も・・・ということになりかねない?とちょっと心配になりました。
防犯上も含め、その辺のロック機能などはいらないんかなぁ・・。
まぁ、そこらへんはアプリで対処というよりは、端末自体に動作ロックをつければいい話でしょうね。

【関連記事】
・Kindleストアの歩き方(1)My Kindleでの設定準備
・Kindleストアの歩き方(2)Kindle本を購入する手順


電子書籍リーダーズカフェ © 2018 All Rights Reserved

電子書籍リーダーの体験レビューや各種端末・書籍の情報をまとめた電子書籍総合サイト

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress