寝室でも読書できるライト付ブックカバー「PRSA-CL35/L」


軽くて小っちゃくてカバンに入れやすい「SONY Reader PRS-350」ですが、逆に存在感なさ過ぎて(笑)、いろんなものとバッグ内で戦っているようです。
これは、カバーを買わなくては!と思っていたところ、バスの中で読んでいた時に暗くて読めなかったことを思い出し、ライト付カバー「PRSA-CL35/L」を買ってみましたよ。


真ん中にライトが収納されていて、両側は厚く固めの台紙がまっすぐ伸びています。


Reader本体上部・下部についているカバーホールにカバー側の突起をはめて、装着完了。
結構しっかり止まるので、ちょっとくらいバッサバサしても全然外れる気配はありません。


ライトは取り出した時のみ自動点灯。しまうと自動消灯します。(単4乾電池1本)
光の強弱は真ん中のスイッチで2段階調整が可能。

ライト付ブックカバーを使ってみた感想

あのね、ぶっちゃけ、外では超目立っちゃって使えないわけ
なんだろう、この本末転倒感というか、敗北感というか(笑)。

バスの中暗いなぁ、明かりがあるといいなぁとは思っていたけど、実際つけてみたら、私だけ後光が差しているように光っちゃって光っちゃってww!
そのへん、「私が本を読みたいんだ」と開き直るというか、悟りを開いて大人になれば、動じることもなくなるでしょう・・・。


でも、願わくば、明るい窓際で普通に読むのがいいんだな。
だったらライト付じゃないほうが軽いしよかったじゃないかーーー!

と思いきや、そうでもない。


家で読書するときは、案外テーブルに置いて読むことが多いので、手元が若干暗い時があり、こういう時はかなり便利。また、寝室のベッドなどで読みたい時も、部屋の電気は消して、このライトだけでも余裕で読めるので、同室で寝ている家族に迷惑をかけないためには必要でした。

【結論】
せっかく小さい5型のPRS-350を買ったのに、これを付けると結構かさばる。
重さは気にならない。
でも寝室で読むときはすこぶる便利。

【SONY Reader 5型専用ライト付ブックカバー】

【SONY Reader 6型専用ライト付ブックカバー】


電子書籍リーダーズカフェ © 2018 All Rights Reserved

電子書籍リーダーの体験レビューや各種端末・書籍の情報をまとめた電子書籍総合サイト

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress