あなたは電子書籍を何で読む派?端末別メリット・デメリット比較


電子書籍の最大のメリットとしては、部屋・本棚・日々の荷物の省スペース化。
本好きにとってはいいことずくめ!・・・と思いきや、読む本のジャンルや目的によっては、端末ごとの向き不向きがあるので、各端末ごとに比較してみました。

タブレット

【おすすめジャンル】
新聞、雑誌、写真集、参考書、パズル本など。

【メリット】
画面が大きくカラーがきれいなので、見開きあるいはページ全体が見渡しやすい。
また、勉強の際に参考書へマーキングする場合も色がわかりやすい。
ペンを使ってメモ書きやクロスワードパズルなども楽しめる。

【デメリット】
重くてかさばる。混雑した交通機関などで立って片手で読み続けるには不向き。
長時間読んでいるとバックライトで目が疲れる場合があるので、輝度調整などが必要となる。

スマートフォン

【おすすめジャンル】
小説・エッセイ・コミックなど。

【メリット】
普段携帯しているものなので、身近で簡単に電子書籍を始められるガジェット。各種電子書籍ストアのアプリをインストールすれば、かなりのジャンルの書籍にアクセス可能となる。通信回線で、いつでも書籍を購入・ダウンロードできる。

【デメリット】
画面が小さく、雑誌・カラー書籍など対応不可の書籍もまだ多い。コミックなどは、吹き出し外の細かい文字が見づらいので、いちいち拡大縮小して読み進めるのが面倒くさくなる場合も。長時間読んでいるとバックライトで目が疲れる場合があるので、輝度調整などが必要となる。

iPhone・iPad

【おすすめジャンル】
音声・動画付電子ブック、絵本など。

【メリット】
スマホ・タブレットのメリットはほぼ同じ。App Store独自の電子ブックやブックアプリが豊富で、聴覚視覚に訴える絵本などが子供に人気。

【デメリット】
スマホ・タブレットのデメリットはほぼ同じ。
PC、他のガジェットとの互換性はほぼない。

パソコン

【おすすめジャンル】
電子書籍全般

【メリット】
画面が大きくカラーがきれいなので、見開きあるいはページ全体が見渡しやすい。
PC自体のHDD容量の他、外付けHDD、クラウドスペースなどを利用すれば、ほぼ無限大に蔵書できる。
同時に音楽・テレビ・動画などを流したり、気になることはすぐネット検索という「ながら読書」が便利。

【デメリット】
ネットブック・ウルトラブックなどのモバイルPC以外は持ち運べない。
意外にPC対応の電子書籍は限られている。
長時間読んでいるとバックライトで目が疲れる場合があるので、輝度調整などが必要となる。

ブックリーダー(電子ペーパー・白黒)


【おすすめジャンル】
活字中心の書籍全般・コミックなど。

【メリット】
バックライトなしの白黒コントラストが目に優しい電子ペーパーで、長時間読んでも目が疲れない。
ページ送り、目次への専用ボタンや、ブックマーク、マーカー表示など必要な機能が基本完備されて、読書することに集中できるガジェット。タブレットより軽い機種がほとんどで、片手でも支えられる。

【デメリット】
バックライトがないので、暗い場所では読めない。
PC、スマホ、タブレット、他メーカーのブックリーダーとの書籍共有はほぼない。
そのブックリーダー対応のブックストアの品揃えが悪ければ、読める本は限られてくる。

ブックリーダー(カラー)

【おすすめジャンル】
新聞、雑誌、写真集、参考書、パズル本など。

【メリット】
写真が多い書籍をカラーで楽しめる。勉強の際に参考書へマーキングする場合も色がわかりやすい。
ページ送り、目次への専用ボタンや、ブックマーク、マーカー表示など必要な機能が基本完備されて、読書することに集中できるガジェット。タブレットより軽い機種がほとんどで、片手でも支えられる。

【デメリット】
PC、スマホ、タブレット、他メーカーのブックリーダーとの書籍共有はほぼない。そのブックリーダー対応のブックストアの品揃えが悪ければ、読める本は限られてくる。


電子書籍リーダーズカフェ © 2018 All Rights Reserved

電子書籍リーダーの体験レビューや各種端末・書籍の情報をまとめた電子書籍総合サイト

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress