発売開始!Kindle Paperwhite 2013 ファーストインプレッションと旧機種との比較


2013年10月22日、Amazonの電子書籍リーダー・Kindle Paperwhiteの2013年バージョンが発売されました。

まぁ、こういうサイトを運営している以上、人柱になる覚悟満載なので、もちろんフラゲ・・というか発売日ゲットしましたので、開封速報とパッと見た旧機種などをいくつか写真でご紹介します。

はい、到着。相変わらず中身はシンプルで、本体とUSBコードと簡単なスタートガイドのみです。

セッティングは何も考えず、ただ電源を入れて言語設定してWifiにつなぐだけ。

(ここからは写真左:Kindle Paperwhite2012 、写真右がKindle Paperwhite2013 です)

表面の外観は殆ど、というか何も変わってません。重さも大きさも一緒だし、スリープ画面だと見分けがつきません。

 

裏はロゴが「Kindle」から「Amazon」マークに変わったので、裏を返せばわかるか。
材質は滑りにくいラバーのような手触りもそのまま、しばらくすると皮脂のテカりが気になるところも同じです(笑)。

Kindle Paperwhiteは自分のアカウントが設定済の状態でAmazonから出荷されるので、もう起動するやいなや「〇〇さんのKindle」と名入りで表示されます。新しい方は「2番目のKindle」って(笑)。
面倒なID登録やパスワード入力がいらないってのはやっぱラクチンで魅力ですよねー。

すでにKindleストアで書籍を買ったことがある人は、「クラウド」で確認でき、読みたい本をタップすれば、すぐにKindle Paperwhiteにダウンロードされ、そのまま読書をスタートできます。

フォントは「筑紫明朝」が増え3種類に。通常の明朝の方が若干文字の濃さや太さが違うので、よりくっきりと文字が見える方がいい人はデフォルトの明朝、やわらかい文字で画面をすっきりさせる方がいい人は「筑紫明朝」を選択するといいでしょう。

ページの色・明るさは、新しいKindle Paperwhite2013の方のフロントライトが、若干温かみがある光り方をします。

コントラストではそんなに変わりはないので、どちらがいいかと比べる必要もなく、あとは好みの問題というしかありません。

旧機種の「さすがKindle Paperwhiteだけあって白いわぁ」という白さは少し薄れたものの、高輝度のまま読書すると、目に負担が来る場合もあるので、2013年モデルの方がより健康的に読書できるかも。

初日速報は、外観と基本機能の比較まで。

次回は、ページめくりのスピードや新機能を比較します。

【新モデル発売記念】Kindle Paperwhite(ニューモデル)を買って、1,980円分のKindle本用クーポンをゲット!11月30日まで。


電子書籍リーダーズカフェ © 2017 All Rights Reserved

電子書籍リーダーの体験レビューや各種端末・書籍の情報をまとめた電子書籍総合サイト

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress