読書好きの日本人に贈る電子書籍リーダー発表!「Booklive! Reader Lideo(リディオ)」の特長とは?


電子書籍ストアを運営するBookLiveは、11月7日にストア専用電子書籍端末「BookLive!Reader Lideo(リディオ)」を発表しました。発売日は2012年12月10日、販売価格は8480円です。
端末はNEC製、全国の三省堂書店および直販サイトで販売されます。
予約はすでに11月8日から三省堂書店店頭と三省堂書店楽天市場店でスタート、11月19日には直販サイトが立ち上がる予定。

これでとりあえず噂されている電子書籍リーダーは大体出そろったよね?よね?
ボーナス商戦盛り上がってまいりましたよ(笑)。

Booklive!端末は、koboやKindleと違って知る人ぞ知る地味な噂の端末でしたが、私個人的には、Kindleと同じ位興味を持っていました。「PC・スマホ・タブレット・電子書籍リーダー」の完全マルチデバイスで書籍共有できるのは、Kindle以外はまだBookliveしかまだできませんし、個人的に好きな書籍ストア「Booklive!」の専用端末だから欲しかったということもあるかな。

これまでの書籍リーダーのように、バッテリー持続時間や容量、解像度などスペック勝負で優劣を評価するというよりは、この「Lideo」は、BookLiveと三省堂書店、NEC、UQコミュニケーションズの4社共同で「読書好きな日本人のために、総合的な読書環境を考えた」端末だということで、それぞれのできることを持ち寄って書籍の「買い方」「読み方」「使い方」を考えて作られているようで、とても面白いサービスになると期待しています。

BookLive!Reader Lideo(リディオ)の特長

1)無料WiMAX回線で書籍が購入でき、パソコンは不要。初期設定にメアドいらず

KindleがDocomo3G、SONY Readerがauと来て、まさかWiMAXが来るとは意外(笑)。
3Gに比べてエリアはまだ狭いですが、全国的にもまだまだ広がりを見せているので、選択できる人はそんなに少なくないでしょう。
パソコンもない、スマホもない、メアドも持ってない人でも簡単に初期設定が済ませられるので、デジタルガジェットになれてない中高年や子供専用の読書機としても活用できるかも。

2)印刷会社が「紙の読書感」にこだわって作った、日本語に最適化されたUI

「Booklive」は凸版印刷系の電子書店なので、印刷会社のノウハウを凝縮し、行間・文字間・余白など、ページを開いた時の見やすさを、紙の本にきわめて近い読書感を再現しているそうです。
Kindleやkoboのように「やっと縦書きに対応したEPUBも読めるようになったで!」のレベルじゃないってことですよね(笑)?これは実際に読むのが楽しみ!

3)購入はクレカ無しでもOK!三省堂書店の店頭なら現金でも決済可能

「Booklive!」の決済はもともと多彩で、クレジットカードの他、ケータイ決済(携帯電話料金と同時請求)も使えますが、これに三省堂書店店頭支払いが加わりました。

店頭端末で欲しい書籍を検索し、バーコードをレジで読み取ってもらい、代金を支払うと「チケットコード」が書かれたレシートを渡されるので、実際の読書端末にチケットコードを入力すればダウンロードされるという仕組み。
(※現在は 三省堂書店神保町本店・有楽町店のみ。順次全国展開を予定)

→三省堂書店での決済方法(詳細ページ)

クレジットカードを持たない人、持っててもネット決済には使わない人、子供に端末を持たせた場合の決済方法に困ってた人で、近くに三省堂書店がある人には便利な決済方法ですね。

BookLive!Reader Lideo(リディオ)の注意点

Lideoは「BookLive!サービス専用端末」のため、接続や入力コンテンツにかなり制限があり、これまで発売されている電子書籍リーダーとは勝手が違うので、注意が必要です。

・パソコンとのUSB接続なし。
・外部メモリカード端子なし。
・Webブラウザなし。
・PDFの電子書籍や自炊ファイルは読めない。
・WiMAXでの通信はBookLive!の“Lideo”対応サービスおよび書籍のダウンロードのみ。
・WiMAX通信は、UQWiMAXのサービスエリアで利用可能。

これは「タブレット」じゃなくて「読書機だ!」と割り切りが肝心。
パソコンのことはむしろ忘れてください(笑)。

Lideoに期待する読書の未来予想図

私は本が好きというよりまず本屋さんが好きなんですが、電子書籍マニアになってくると本屋に行く回数が減ってくるのがちょっとさびしかったんです。
だから、Lideoで書店と強い連携を持ってくれるのがとても嬉しく、すごく楽しみ。

例えば、「本屋にぶらっと行く」→「本をパラパラみる」→「”電子版あります”の文字を発見」→「迷う」・・・・→「この本は挿絵がきれいだから紙で買おう」「あの漫画を大人買いしたい!重いから電子版を買おう」→「紙の本と電子版のバーコード出力をレジに持ってってまとめて購入」ってちょっとカッコいい買い方ができそうじゃないですか?

親子連れでも、ママが雑誌を探す間に、子供が検索機でバーコード出してきて「ママこれも買って!」なんつってねだるのもアリ?
面倒くさいシニア層には、「レジで購入後の書籍をダウンロード代行します」なんていうスタッフが置かれるかもしれませんね。

やっぱり視覚からくる衝動買いもあるし、「買わなくてよかった(-_-;)」という危険回避もあるので、書店での本選びは重要。

Bookliveからの発表では、三省堂書店の独占販売ということではなく、今後他の書店から要望があれば柔軟に対応していくとことなので、ぜひぜひ多くの書店と提携して、街の小さな本屋さんでも気軽に電子書籍が買えるようになるといいなと思います。

【BookLive!Reader Lideo の先行予約】

三省堂書店楽天市場店で予約受付中!


電子書籍リーダーズカフェ © 2018 All Rights Reserved

電子書籍リーダーの体験レビューや各種端末・書籍の情報をまとめた電子書籍総合サイト

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress