雑誌こそ電子書籍で読むべき!シチュエーション別おすすめ読書端末と電子雑誌ストア


実は「本と言えばほとんど雑誌しか買わない」という人も多いでしょう。
だから、KindleだReaderだという電子書籍リーダー祭りが始まっても、雑誌が読めない白黒の電子ペーパーでは意味がないのですよね。

でもあっという間に増殖して部屋が埋まってしまう恐ろしい雑誌だからこその「部屋の本をスッキリしたい」「情報収集するために流し見するだけなのにゴミが増えるだけ」といった悩みは電子書籍で解決すべきなのです。

電子雑誌を読むのに適したデバイス

基本的にはカラーのスマホ・タブレット端末、およびパソコンならどれでもいいですが、画面は大きいに越したことはありません。
部屋にあるデスクトップパソコンなら一番画面も大きくて、環境としては申し分ないです。
しかし、雑誌という特性上、通勤電車の中とかリビングのソファでくつろぐ時とか就寝前のベッドの中・・・、どこでも携帯できる端末が一番使い勝手はいいです。

ということで、シチュエーション別オススメ端末を挙げてみました。

【リビングや寝室でくつろぎタイム中】

ここは王道、ジャストお膝サイズのiPad (第3世代) Retinaディスプレイのおかげで、活字の視認性がハンパないです。
大きさも一ページごとならほぼ拡大無しで見られますし、横にすれば2ページ見開きも写真が多めのページなら許容範囲。

【移動中の公共交通機関の中】

片手でも持てて、立ったり座ったりする時にしまいやすい「 iPad mini」。
ただ、CMみたいにがっちり片手でホールドできるのは成人男性でもまれで、通常は横隅を握る感じなので、この重さで20~30分片手で支えるとなるとかなりのトレーニングとなります。

その点では女性で「 iPad mini でもまだ重い」という人は、「MEDIAS TAB(メディアスタブ) UL N-08D」が薄くて超軽くてオススメ。wi-fi版はないので、ドコモで通信契約を結ぶしかないけど、このサイズでは世界最軽量(2012年11月現在)でiPad miniより60gも軽い。この差、移動中にじわじわ来ます。

【湯船でまったりお風呂の中】

完全防水タブレットの中で、最新Windows8搭載・世界最薄軽量という貴重な「富士通ARROWS Tab Wi-Fi WQ1/J」。
パソコンをお風呂の中で使える日が来るとは!!もちろん通常通りのWebサイトやYoutubeも楽しめる他、雑誌もブラウザで読めるので、操作は簡単。半身浴ならすぐ2時間以上長居してしまいそう・・・。

電子雑誌買うなら電子雑誌書店「MAGASTORE」

雑誌を買うなら、様々なジャンルが一通りそろっていて探しやすい電子雑誌書店「MAGASTORE(マガストア)」(http://www.magastore.jp/)がいいでしょう。

マガストアでは、iPhoneやAndroidなどのスマホやPCから、雑誌(広告や一部コンテンツを省略した電子版)を購入してそのまま読み始められます。
マガストアIDの登録をすると、様々なデバイスで雑誌を共有することができ、自宅内や外出先に応じて読む端末を変えることができます。

ニュース・週刊誌をはじめとして、女性ファッション誌や旅行誌、ビジネス・マネー誌、クルマ誌、グルメ情報誌、ホビー&カルチャー誌、モノ・トレンド情報誌、パソコン・IT情報誌などなど、KIOSKで時間つぶしで買うようなものから、自宅でじっくり定期購読したい趣味の雑誌まで、現在電子化されている雑誌のほとんどがここで手に入るのではないかというジャンルの豊富さで、決まった雑誌じゃないものまで衝動買いしそうです。

iPhone・iPad、Android端末で読む場合は、アプリのインストールが必要です。


電子書籍リーダーズカフェ © 2018 All Rights Reserved

電子書籍リーダーの体験レビューや各種端末・書籍の情報をまとめた電子書籍総合サイト

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress