Kobo端末と同期ができる日本向けAndroidアプリ「楽天kobo」配信スタート


楽天koboイーブックストアに対応した日本語版「kobo」アプリがついにリリースされました。

kobo Touch、kobo glo、kobo mini などの専用端末がなくても「koboイーブックストア」で購入した書籍コンテンツをAndroidのスマホやタブレットで読むことができるようになります。

もちろん専用端末との間でのデータ同期をするので、kobo Touchで読んだ続きをスマホで、またはその逆からも読み始めることができます。

「楽天kobo」アプリの使い方

「楽天kobo」は楽天IDでログインすることによって、ライブラリの管理や書籍の購入ができるようになります。

読書をするには、ライブラリから本を選択するか、画面上段に表示される読みかけの本を選択します。

本を購入するには、「検索」(虫眼鏡マーク)から直接検索するか、ジャンルから本を探します。
決済は楽天IDに登録されているクレジットカードのみ。
各キャンペーンでもらえるkoboクーポンコードや楽天スーパーポイントを購入に充当することも可能です。

書籍ページ画面。画面両脇をタップまたはスワイプでページをめくります。

画面中央をタップすると、上下にメニューが表示され、文字サイズ他各種設定やページ移動、コメント入力ができます。

 

少し暗めまたは暗めの背景色で設定する方が長時間の読書でも目が疲れないかもしれない。

ページめくりは、端末本来の音量ボタンで切り替えることも可能。あまり画面に手を置きたくない人、片手で読みたい人は便利。

ステータスバーを非表示にすると、ページ領域が増えるので、情報量が増え、読書スピードもあがる。

kobo端末にもある拡張機能「Readeing Life」。
冊数や読書時間など様々なミッションクリアでもらえるバッジは全部で27個。
kobo端末とも同期される。

「楽天kobo」アプリ独特の新機能は世界中の読者の反応が同期される「kobo Pulse」。
同じ書籍を何人の人が読んでいるのか、人気や反応の度合いが、ページ中央の波紋の大きさで表示される。
また、表示中のページに関するコメントがある場合は吹き出しが表示され、他の読者の感想やツッコミが読める。
ただし、ネタバレが書かれる場合もあるので、読むのも覚悟が必要?

 

赤い波紋をタップすると、読者の反応データが表示される。自分でコメント入力する場合は、Facebookアカウントから投稿される。

 

 


電子書籍リーダーズカフェ © 2018 All Rights Reserved

電子書籍リーダーの体験レビューや各種端末・書籍の情報をまとめた電子書籍総合サイト

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress