Booklive! Enjoy Lideo 『ピース又吉×ロバートキャンベル スペシャルトークショー』に行ってきました


BookLive!の専用電子書籍リーダー 「Lideo(リディオ)」の新色シャンパンホワイト発売記念のスペシャルトークショーに行ってきました!
会場は原宿にあるブックカフェ「Bibliothèque BOOKS & café(ビブリオテック ブックスアンドカフェ)」。
元々はデザイン事務所で、資料として集められた数々の洋書やデザイン本を集めて一般公開したことから始まったこのカフェは、雰囲気もよし、幅広いジャンルの貴重な本も自由に見られて、ゆったり読書できる素敵な場所で、また通常営業の時にじっくりまったりしたいところです。

一階は壁いっぱいの本、本、本。トークショー会場の地下1階には、ドリンクと軽食が用意されていて、始まるまでの時間は一階で本を読んだり下でゆっくり飲んでたりできる・・・という割には、会場には立錐の余地がない位の人(というより会場が狭いんだなw)で行き来もできず(笑)。

シャンパンホワイトLideo発売ということで、ベタですがシャンパンを飲みながらしばし待っていると、登場したのは、本好き芸人で有名のピース又吉さんと、東大教授で日本文学者のロバート・キャンベルさん。

余談ですが・・大━゚+。(〃▽人)。+゚━好きです!ロバート!

ホワイトデー直前ということで、お二人のホワイトデーの思い出もお聞きしましたが、ロバートさんが思うホワイトデーの意義がとても印象的でした。

『バレンタインから1ヶ月のラグがあるのがいい。バレンタインにもらった言葉や気持ちを自分がどう感じたか、相手を見つめなおしたり、じっくり考えることができるし、ゆっくりと愛おしさを育てることができるから、ホワイトデーにはすごく素直な気持ちで何かを返してあげたくなる。』

いやぁ、いい言葉だ。

ちなみに、ロバートさんが、「ホワイトデーのお返しって当日に渡せなくても週遅れとかでも大丈夫ですかね?」と会場の女性に聞いたとき、私と目が合って「おぉ!満面の笑顔で同意してくれた女性がいました!安心しました!」と言ってくれましたが、ロバート・・・たぶん私の笑顔の理由はちょっと違うんだけど!単にロバートさんと目が合ってデレってただけなんだけど!ま、いいっか(笑)。

ホワイトデーが日本のお菓子業界の陰謀だったにしても、これはもうのっかっちゃってもいいんじゃないだろうか・・・。そして、もう男子から女子とか、女子から男子とか関係なく愛と感謝を表現するイベントでいいんじゃないかと。

もちろん電子書籍リーダー発売記念イベントですから、電子書籍の良さも語る語る。

又吉さんの「自分の本棚を丸ごと持ち出せるんですよ!最高じゃないですか!」にも、ロバートさんの「ベッドで読むとき、あのページをめくるという動作は催眠術のように眠気を誘うけど、電子書籍は眠くならないんですよ。」にも激しく同意!

確かに、一冊何かを読んでると、他の本にはどう書いてあったっけ?あの言葉はどの本だっけ?といろいろ確かめたくなることが多いので、蔵書を一気に持ち歩けるのは便利だし、車の中であろうと、ベッドの中であろうと場所を選ばず読書欲を止めなくて済むのは、電子書籍の最大最強のメリットですよね。

片や本職の文学者、片や芸能界随一の本の虫のお二人で、電子書籍の使い心地をはじめ、本に関するエピソードやオススメの本のことなど、もうとめどもなくあふれ出し、1時間のトークショーは本当にあっという間でした。

楽しかったーーー!

お二人がトークショーで紹介したオススメの書籍

ホワイトデーに贈りたい一冊

ロバート・キャンベルさん
『イザベラ・バードの日本紀行 (上)』イザベラ・バード、時岡 敬子 (翻訳)

ピース又吉さん
『逡巡』/せきしろ

人生の中でキュンとした恋愛小説

ロバートキャンベルさん
『いま、会いにゆきます』/市川拓司

ピース又吉さん
『赤頭巾ちゃん気をつけて』/庄司薫

ぜひ読んでほしいオススメの一冊

ロバートキャンベルさん
『きことわ』/朝吹真理子

ピース又吉さん
『ひらいて』/綿矢りさ


最後のオススメの2冊は、実はトークショー参加者にBooklive!からの無料クーポンでプレゼントしていただいたので、帰宅後早速Lideoにダウンロードしました。

ロバートさんオススメの「きことわ」は、句読点の打ち方に特徴があり、日本語の奥ゆかしさとキレイさを感じるとロバートさん。

「英語は句読点には文法的な縛りがあり、あまり自由な場所に打てないけど、日本語は句読点によってリズムや独特の間を作り、空気感をも作り出すことができる。それはまるで呼吸をするように。」

もう・・・どこまで日本人なんだよ、ロバートさん(-_-;)。

又吉さんオススメの「ひらいて」は、研ぎ澄まされた表現と美しい文章が好きなんだそうですよ。
小説を読むとき、ストーリーが面白いのもいいけど、心に刺さる文章力を持つ作家の作品を選んで読むと、ストーリー以上に自分の中で何かが膨らむ経験ができそうです。

うーん、そういう本の選び方もありなんだな。
しかし、本を語る又吉さんは、マジでちょっとかっこよかった(笑)。

今日のオススメ6冊は全部Bookliveで電子書籍を購入できるので、Lideoで全部速攻読もうっと!
ぶっちゃけ、最近koboやReaderばっかり使ってて、Lideo使ってなかったので・・・w

今日は短い時間ながらも、もっともっと言葉を大切に、もっともっと沢山本を読んで見たくなった素敵なトークショーでした。

電子書籍ストア BookLive!
★文中の書籍、Booklive!Reader Lideo は電子書籍ストア「BookLive!」で購入できます。

【関連記事】
BookLive!Reader Lideo(リディオ)に新色シャンパンホワイト登場!発売記念キャンペーン「Enjoy Lideo!」


電子書籍リーダーズカフェ © 2018 All Rights Reserved

電子書籍リーダーの体験レビューや各種端末・書籍の情報をまとめた電子書籍総合サイト

Designed by WPSHOWER

Powered by WordPress